2006年02月10日

緑の中の昭和美術館

名古屋市昭和区の住宅街の緑の中にひっそりとたたずむ昭和美術館を紹介します。

昭和美術館入り口正面

写真は昭和美術館の正面入口です。石川橋の北側の檀渓通から東側の高級住宅街の中にあります。車で通過すると注意していないと見落とすような緑の中にあります。駐車場も中にあります。

昭和美術館全景

昭和美術館入り口右から

 

 

 

門から中に入ると美術館が大きく広がります。写真でも分かるように緑の中の美術館です。

昭和美術館2階階段

館内は1階と2階に展示場があります。今は「書と古書の魅力」という企画展開催中です。写真は1階から2階に上がる階段と中央はシャンデリアです。

 

昭和美術館通路

企画展を楽しんだ後は、庭園を散策できます。またお抹茶を頂くこともできます。(700円です)写真は庭園内の通路を撮影しました。緑が大変多い庭園です。 (^o^)/

 

昭和美術館竹やぶのある通路

竹やぶの中を通る通路です。昭和区の街の中であることを忘れさせてくれる雰囲気があります。

 

昭和美術館池から南山寿荘を望む

昭和美術館通路から南山寿荘を望む

 

 

 

左の写真は庭園の中の池から、右の写真は散策路から南山寿荘(愛知県指定文化財)を見たところです。冬にもかかわらず、緑の多さが分かると思います(@_@

南山寿荘説明

南山寿荘の説明文です。(クリックすると大きくなります。)由来などを知りたい方は読んでみてください。

 

南山寿荘茶室通路

南山寿荘茶室入口看板

 

 

 

左の写真は南山寿荘の茶室へ向かう通路です。右の写真は茶室入口の様子と説明文です。

昭和美術館名古屋市の中でも緑の多い施設だと思います。仕事に疲れた時など気軽に展示会を見て庭園を散策してみてください。ちょっと小旅行したような気分が味わえます。スタッフ全員がお薦めの穴場空間です。

今回の企画展「書と古書の魅力」2月12日(日)終了しますので、土・日にちょっと時間を作って出かけてみてください。(^o^)

次回企画展「〇・円の造詣展」3月19日7月17日まで開催されます。

昭和美術館の詳細はこちら

開館時間: 午前9時〜午後4時

休館日: 月曜日祝日翌日・指定日(休日が多いので注意してください)

観覧料: 一般600円・学生500円

住所:名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL:052-832-5851

詳しい場所はこちらへ愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

人気ブログランキング 更なる上昇を
名古屋
地区の美味しいお店、便利な施設の情報は、
こちらをクリック←カチッと応援お願いします。

 

 



sakurayama0 at 11:35│Comments(0)TrackBack(0) 美術館 | 名古屋市昭和区

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
このサイトは桜山周辺に住むスタッフが利用したお店、施設などを紹介しています。地域にとって必要だと思われる施設や美味しいお店や使い易いお店を出来るだけ多く紹介していきたいと思います。
QRコード
QRコード
livedoor 天気
「モブログ」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: