美術館

2010年01月29日

根津美術館&NEZU CAFE

桜山、このブログでは初めての東京で見つけた、昨年秋にリニューアルオープンした表参道の近くにある「根津美術館とNEZU CAFE」を紹介します。

根津美術館入口

新幹線を品川で下り、山手線で渋谷まで行き、地下鉄銀座線半蔵門線表参道駅のA5番出口を出て、約8分程の所にある美術館です。建物は、日本の著名な建築家隈研吾さんにより設計された、和を感じさせるインパクトのある美術館です。

 

 

 

根津美術館アプローチ

入口から美術館の玄関までの竹のアプローチは、和をテーマにしたこの美術館へ誘ってくれる素敵な小道です。

 

 

 

 

根津美術館庭&建物

美術館の建物と庭園の様子です。高い木と燈籠と本館の建物が青い空をバックにしてより大きく見えます。

 

 

根津美術館庭園2

美術館の周りを囲む、日本庭園も都心であることを忘れさせてくれる立派なお庭です。

 

 

NEZUカフェ入口

NEZUカフェからの眺望

 

 

 

 

お庭の散策の後立ち寄り、囲まれた木々を眺めながら、ゆっくりコーヒーを頂くことも出来ます。コーヒーは600円ですが、この雰囲気の中では、すっかり都会の喧騒を忘れて時間を楽しむことが出来ると思います。

根津美術館」は、新しくなってオープンした美術館です。1時間半もあれば、お庭からカフェでの時間も取れると思いますので、東京へ出かけた時、是非立寄って欲しいと思います。


開館時間:午前10時〜午後5時(入館は4時30分)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

住所:東京都港区南青山6−5−1

TEL:03−3400−2536

美術館の詳細や場所を知りたい方はこちらを参照下さい。


人気ブログランキング これからも一歩ずつ上位を目指します名古屋地区の美味しいお店便利な施設の情報がお役に立ちましたら
こちらをクリックカチッあなたの応援お願いします



sakurayama0 at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月30日

徳川園&徳川美術館

桜山、 地下鉄桜通線車道駅からへ15分程歩いた所にある「徳川園&徳川美術館」を紹介します。

徳川園の黒門

徳川園&徳川美術館」は、平成16年に再整備されて開園されており、変化に富んだ景観を楽しめる、名古屋市の施設の一つです。去年紹介した名古屋城から続く「文化の道」の最終地点です。

徳川園の説明

徳川園と徳川美術館」の説明です。(クリックすると大きくなります)

 

 

庭園から見た観仙楼裏から見た観仙楼

 

 

 

庭園の龍仙湖側から見た「観仙楼」と龍門の滝の上側から見た「観仙楼」です。

徳川園の庭

真ん中に亀のように見える巨石などを見ながら庭の散策が楽しめます。

 

 

徳川園の石

多くの木々の間にある飛び石や巨石が楽しめる回遊式の庭園です。

 

 

徳川美術館

庭園の散策の後、徳川美術館で徳川家の歴史等を見ることが出来ます。

 

 

徳川園は、整備されてから観仙楼の中にフレンチレストランも併設されており、次回はレストランへも足を運んでみたいと思います。


開園時間:午前9時30分〜午後5時30分

休園日:月曜日(休日の場合は翌日)、12月29日〜1月1日

住所:名古屋市東区徳川町1001

TEL:052−035−8988

詳しい場所はこちら

徳川園の詳細を知りたい方はこちら


人気ブログランキング これからも一歩ずつ上位を目指します名古屋地区の美味しいお店便利な施設の情報がお役に立ちましたら
こちらをクリックカチッあなたの応援お願いします



sakurayama0 at 11:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年02月19日

アサヒビール 大山崎山荘美術館

桜山西、名古屋から離れ、自動車で新名神高速道を経由し2時間半程で行ける、京都山崎にある「アサヒビール 大山崎山荘美術館」を紹介します。

新名神高速道路案内板

新名神土山サービスエリア

 

 

 

桜山から伊勢湾岸道東名阪自動車道を経由し、新しく出来た「新名神高速道路」を走り、山崎に向かいました。まだ、空いていて走り易い高速道路です。

大山崎山荘案内

大山崎山荘へのトンネル

 

 

 

大山崎インターを降りて、5分程の所にある駐車場に車を置いて、1時間に2本程ある無料バスに乗って「大山崎山荘美術館」に向かいます。右の写真は、バスから降り、トンネルを通って行く所です。

大山崎山荘入口

暫く歩いて行くと、「大山崎山荘」の入口に到着します。大きな木々に囲まれた雰囲気のある美術館が現れてきます。

 

大山崎山荘全景

大山崎山荘美術館」の全景です。山崎の合戦で有名な天王山の南麓にある山荘で、昭和初期にかけて実業家加賀正太郎さんが建てた建物だそうです。重厚感のある木造の建物です。

大山崎山荘玄関

山荘の玄関と煙突の写真です。高い煙突が印象的な建物です。建物は現在、アサヒビール蠅隆浜になっています。

 

 

 

 

大山崎山荘庭を望む建物の庭からは、天王山の四季を楽ことが出来ます。また建物の2階からは、大山崎の壮大な風景を見ることが出来ます。喫茶室もあるので、ゆっくりコーヒー等も飲めます。

 

 

大山崎山荘と新館通路

大山崎山荘美術館」は本館新館に別れています。写真の右に見えているのが、新館への通路です。

 

大山崎山荘新館通路

新館は、著名な建築家安藤忠雄さんの設計です。館内は、撮影禁止なので建物の通路のみの写真です。地下室として造られており、コンクリート打ち放しの特徴ある建物です。館内には、モネの「睡蓮」等が展示されています。

 

 

アサヒビール 大山崎山荘美術館」は、京都の市内観光にはない、昭和初期の建物現代の巨匠の建築有名な絵画等が楽しめる場所です。天王山と大山崎の四季も楽しめる施設なので出かけてみて下さい。


住所:京都府乙訓郡大山崎町銭原5−3

TEL:075−957−3123

開館時間:午前10時〜午後5時

休館日:月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始、その他臨時休館日あり

美術館の場所・詳細はこちらを参照下さい。


人気ブログランキング これからも一歩ずつ上位を目指します名古屋地区の美味しいお店便利な施設の情報がお役に立ちましたら
こちらをクリックカチッあなたの応援お願いします

 

 



sakurayama0 at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月06日

名古屋市美術館

桜山北西白川公園内にある、「名古屋市美術館」を紹介します。

白川公園の新緑

緑の中の名古屋市美術館

 

 

 

桜山から地下鉄では、御器所駅鶴舞線に乗り換え、大須観音駅で降り、2番出口を出て北へ7分程歩くか、伏見駅で降り、5番出口を出て南へ8分程歩くと着きます。名古屋市美術館は、この季節には白川公園の緑の中にあります。駐車場もあります。

名古屋市美術館全景

名古屋市美術館正面入口です。連休中は、大きな展示会もないので、大変静かな様子です。

 

名古屋市美術館ダリ展広告

5月12日(土)〜7月11日(水)迄は、ダリ展が開催されます。ダリの絵が好きな方は出かけてみて下さい。

 


開館時間:午前9時30分〜午後5時、金曜日は午後8時迄

休館日:毎週月曜日(休日の場合はその翌日)と12月29日〜1月3日

住所:名古屋市中区栄2-17-25(白川公園内)

TEL:052-212-0001

詳しい場所はこちら

名古屋市美術館の詳細はこちら


人気ブログランキング 一歩ずつ上位を目指します名古屋地区の美味しいお店便利な施設の情報は、
こちらをクリックカチッあなたの応援お願いします 



sakurayama0 at 10:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年10月06日

桑山美術館

桜山北東山中の交差点にある「桑山美術館」を紹介します。

桑山美術館入口

桑山美術館」は地下鉄桜通線御器所で鶴舞線に乗り換え、川名駅で降り、へ歩いて8分の所にあります。昭和区閑静な住宅街の中に佇む美術館です。駐車場もあります。

桑山美術館廊下

美術館の中を見学した後、アーチがきれいアプローチを抜けて、お茶室と灯篭で有名な庭に出ることが出来ます。緑を眺めながら暫らくベンチに座って瞑想すると秋の爽やかな風が心地良です。

桑山美術館庭園と茶席

緑の庭に囲まれて、お茶室があります。沢山の灯篭を眺めながら、回遊式のおを散策することが出来ます。

 

桑山美術館灯篭

散策の途中で見つけた、チョット変わった形の灯篭です。四角で統一された灯篭で袖形灯篭というそうです。

 

桑山美術館庭と灯篭

灯篭が配置された日本庭園は、四季折々の風情を楽しむことが出来ます。

 

 

桑山美術館全景

最後に庭側から見た「桑山美術館」の全景です。屋上に上がれば、天気の良い日には鈴鹿の山並みを見ることも出来るそうです。

 

桑山美術館」は桑山清一氏の収集した美術品や工芸品の寄贈をもとに、昭和56年開館した美術館ですが、春季・秋季・新春の三季に開館している美術館です。たまには、古い日本文化に触れに出かけてみて下さい。

桑山美術館」の詳細はこちら


開館日:春季4月上旬〜7月上旬、秋季9月上旬〜12月上旬、新春1月上旬〜2月上旬

開館時間:午前10時〜午後4時

休館日:月曜日(祝日の場合開館)、祝日の翌日、展示替期間

入館料:一般500円、中高大学生300円

住所:名古屋市昭和区山中町2-12

TEL:052-763-5188

詳しい場所はこちらへ愛知県名古屋市昭和区山中町2-12


人気ブログランキング 再度上昇を、一歩ずつ上位を目指します名古屋地区の美味しいお店便利な施設の情報は、
こちらをクリックカチッあなたの応援お願いします 



sakurayama0 at 08:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年02月10日

緑の中の昭和美術館

名古屋市昭和区の住宅街の緑の中にひっそりとたたずむ昭和美術館を紹介します。

昭和美術館入り口正面

写真は昭和美術館の正面入口です。石川橋の北側の檀渓通から東側の高級住宅街の中にあります。車で通過すると注意していないと見落とすような緑の中にあります。駐車場も中にあります。

昭和美術館全景

昭和美術館入り口右から

 

 

 

門から中に入ると美術館が大きく広がります。写真でも分かるように緑の中の美術館です。

昭和美術館2階階段

館内は1階と2階に展示場があります。今は「書と古書の魅力」という企画展開催中です。写真は1階から2階に上がる階段と中央はシャンデリアです。

 

昭和美術館通路

企画展を楽しんだ後は、庭園を散策できます。またお抹茶を頂くこともできます。(700円です)写真は庭園内の通路を撮影しました。緑が大変多い庭園です。 (^o^)/

 

昭和美術館竹やぶのある通路

竹やぶの中を通る通路です。昭和区の街の中であることを忘れさせてくれる雰囲気があります。

 

昭和美術館池から南山寿荘を望む

昭和美術館通路から南山寿荘を望む

 

 

 

左の写真は庭園の中の池から、右の写真は散策路から南山寿荘(愛知県指定文化財)を見たところです。冬にもかかわらず、緑の多さが分かると思います(@_@

南山寿荘説明

南山寿荘の説明文です。(クリックすると大きくなります。)由来などを知りたい方は読んでみてください。

 

南山寿荘茶室通路

南山寿荘茶室入口看板

 

 

 

左の写真は南山寿荘の茶室へ向かう通路です。右の写真は茶室入口の様子と説明文です。

昭和美術館名古屋市の中でも緑の多い施設だと思います。仕事に疲れた時など気軽に展示会を見て庭園を散策してみてください。ちょっと小旅行したような気分が味わえます。スタッフ全員がお薦めの穴場空間です。

今回の企画展「書と古書の魅力」2月12日(日)終了しますので、土・日にちょっと時間を作って出かけてみてください。(^o^)

次回企画展「〇・円の造詣展」3月19日7月17日まで開催されます。

昭和美術館の詳細はこちら

開館時間: 午前9時〜午後4時

休館日: 月曜日祝日翌日・指定日(休日が多いので注意してください)

観覧料: 一般600円・学生500円

住所:名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL:052-832-5851

詳しい場所はこちらへ愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

人気ブログランキング 更なる上昇を
名古屋
地区の美味しいお店、便利な施設の情報は、
こちらをクリック←カチッと応援お願いします。

 

 



sakurayama0 at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Categories
このサイトは桜山周辺に住むスタッフが利用したお店、施設などを紹介しています。地域にとって必要だと思われる施設や美味しいお店や使い易いお店を出来るだけ多く紹介していきたいと思います。
QRコード
QRコード
livedoor 天気
moblog
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: